フリマサイトで著作物複製し販売

愛知県警は2020年5月に著作権法違反(複製権侵害及びみなし侵害)の疑いで愛知県岡崎市在住の自称自営業の男(27歳)を逮捕しました。

大手フリマサイトにて福岡で活動する人気アーティストの著作物を複製し販売した疑い。

著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

アーティスト関連の著作物を複製し逮捕される事案が近年増加傾向です。大好きなアーティストの著作物が複製されて安売りされるのはファンとしては許せません。

あなたの通報がアーティストを守ることに繋がります。

IHC – インターネット・ホットラインセンター http://www.internethotline.jp/